ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寄生しちゃった
 昨日もリアルであくせくいそいそ……やっと一段落してご飯食べようかと思ったのですが、フレヒュム♀2Aが裏ジュノに突入しようとしていたので……寄生しちゃいました! え、ご飯? ちっちっち、君たち空腹ごときも我慢できないのk
寄生ジュノ
ちなみに全てのアイテムの入手権なし、参加費は有料という、クリアのためでなければとてもやりたくない条件です。あわれジェフ。
不気味
普段はにぎやかなジュノが危険で不気味な場所となり果てています。おお怖い。
不細工
ボスです。ぶっさいくやなー。撃破してクリア。これで残るはサンドとバスでございます。
 そんな裏とは何も関係ないのですが、何というか物分かりが悪い人っているんだなと思っちまいました。(・ω・) それこそ一を聞いて十を知る、ならぬ十を聞いて一を知る、みたいな……十を聞いたらせめて四ぐらいは分かって欲しいものですが。

・十を聞いて一を知る、の例
学生実験担当教員:次の実験課題ですが、これをこうして、こいつはこうして、これを合わせて、測定してください
リアルジェフ:分かりました
      その後
リアルジェフ:えーっとこれをこうして……あれ? ……う?? これでいいのか!??
実験班のメンバー:おい、大丈夫か!?
リアルジェフ:む、無理かも……^^;;;;;

・十を聞いて四ぐらいを知る、の例
教員:次の課題ですが、そもそもこれは、これがこうなっているので、こんな結果が出ると思われます。だからまずこれを計算してください。それに基づいてこいつをこう設定して……ここを見て測定してください
リアルジェフ:分かりました
      その後
班のメンバー:分かったか??
リアルジェフ:とりあえずここをこうして、これはこう計算して、こうしてこの器具のこの値を見ればいいのは分かった。……でも他のこと(理論とか)は分からなかった^^;;;;;
班のメンバー:そんなに分かってないのによく実験の方法だけは分かったな……
リアルジェフ:なんでだろうね( ̄ー ̄)

 ね!? だいぶ印象が違うでしょ。まあ理想はやっぱり一を聞いて十を知る、だけどね。でも一を聞いて十を知るって、言うまでもなく難しい。そして……その知った十のことが、果たして正しいかという保証はどこにもないわけですよ。例えばジェフとフレが裏でボスを倒したときに、こんなやりとりをしたとしましょう。

ヒュム♂1Bジェフ : /sh 世界の黒ポニはオレのものー!!wwwwwww
ヒュム♀2Aフレ : /s あふぉーw

まあ仮定じゃなくて事実ですがとにかく。こんなやりとりをすれば、当然フレは、僕が黒ポニマニアかフェチか、少なくとも黒ポニ好きだと思うでしょう。でもそれはあくまで僕から出た言葉から推測した事象に他ならないのです。僕が本当に黒ポニ好きだという確かな証拠は、このセリフからは出てこないのです。例えば、実はウケを狙ってとりあえずこんなことを思いついて言っただけだったりしてね。あるいは、黒ポニというのは実は黒いポニーのことかもしれませんよね。世界中の黒いポニーを自分のものにして何をするのか知りませんが。あるいは、黒ポニ好きと思わせておいて、実は金ポニが好きだったり、金お下げが好きだったりするかもしれませんよね。まあ真相はといえば紛れもない黒ポニ好きなのですが、とにかく一を聞いて十の真実を知ることがとてつもなく難しいかもしれないことが、このことから分かっていただけるかもしれないだろう(自信なさそー)。

<昨日の主な成果>
錬金術:67.3>67.6 デュナミス-ジュノクリア
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。