ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


華麗なる大円舞曲
AF三色魔道士
 AFってもっとも「それらしい」装備なのですよね。白AFを着ている白魔道士を誰も赤だとは(FFシリーズの素養があれば)初心者ですら思わないだろうし、獣使いを忍者だとは、ゲームのことはちんぷんかんぷんな人でも思わないでしょう。まあ最近というかキャップが引き上げられてからは75でAFフル装備なんて人はほとんどいないし、忍者などは既にスコハーが標準装備となりつつあるよねぇ……それにしても今日のテリガンでのレベル上げはナイトが……ナイトってこんなに後衛に負担をかけるのか? いくらなんでもかかりすぎじゃないかと思って、去年4月、同じレベルで同じ場所でジェフが盾をしたときのログと今日のログを解析して比べてみましたが、被ダメ、回避率ともジェフと今日のナイトに大差はありませんでした(誤差の範囲だがむしろジェフの方が劣っているくらい、今日のナイトと違って食事もしていたし胴はAFだったのに)。ナイトっていったい……
 昨日久々にピアノを弾きました。弾けるようになりたいのはショパン作曲のこの三曲。
木枯らしのエチュード:四年前の発表会で弾いた曲。そのときも大した出来ではなかったが、そのレベルに回復するのにも随分かかりそう
革命のエチュード:五年くらい前、ちょっと練習した曲。理由は覚えていないが、上達はしないまま放置した
華麗なる大円舞曲:去年の十月におけるクラシックギターサークルの定期演奏会での、一年の合奏曲。もろにその影響を受けているということがうかがえる。ちなみに弾いたことは一度もない。さあこれから頑張るぞ!

<今日の主な成果>
明日深夜LSの面々の焼き肉の集いに行くことになった
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。