ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もっともっと強くなれ
 前回、24個の苗から5個の属性鉱石が取れました。大当たりです。皇帝羽虫の髪飾り(当時は忍者を上げていたのですよ)購入の大きな資金源となりました。苗は下手に買って失敗すると赤字なので、挿し木から育ててます。もっとも、それでも属性鉱石が出ないと赤字ですけどね。で、今回はなんと40個から2個でした。かなりしょぼーんです。
 このままではカリンのレベルが上がらないので、限界クエを突破することに。バスに行ったり、ウィンに行ったりと多少手間がかかりましたが、難なくクリア。これでレベルが55までは上がります。限界を60に上げるにはどうすればいいのだろう……?
 深夜LSにチェンジして古墳で護衛。仲間を待ちつつチョコボ掘りです。ちょくちょく掘ってはいるものの、未だに掘りウェイトが15秒くらい(要は初期値)。
チョコボ掘り

ちょくちょくレベルじゃなかなかスキルはあがらんってこってすなぁ。ちなみに見ての通りサポ忍二刀流で、サブ武器は昨日ゲットしたジュワでございます。D値にすぐれたカンパニーソード、通称会社剣は、ジュワよりもWSが強力らしいので(多段攻撃だとさらにでしょう)、メイン武器はこっち。
 というわけでいざ護衛開始。ところでジュワは突属性なのですね。だから骨には弱い弱い。
会社剣の一発

ジュワの一発

上が会社剣の一撃で96ダメージ。下がジュワの一撃で44ダメージ……二回攻撃しても会社剣の一発より弱いじゃん!? デュランダル持ってくればよかったですなー。なお「時々」二回攻撃と説明されていますが、二回攻撃する確率はなんと2/3程度らしいです。そりゃ最強の片手剣とも呼ばれるぞー。護衛は、先行者が倒したと思われる敵がわく前にほいほい進んでいったので、これまででも例を見ないほど楽勝。ミラテテは戦士の保険として使いましたとさ。次のミラテテは黒の保険かな。
 プロミヴォンで闇を調査した後(あの調査からフェローは何を得ているんでしょうね?)カリンに五段階目の両手槍を持たせて再び古墳へ。49から使えるらしいペンタを撃たせるのです。ペンタだいすっき♪
カリンのペンタ

ちょっと立ち位置がおかしいですね。フェローが帰るまで倒したりはせずに帰って、新しいタクティクスパールをもらって今日はこれでおしまい。
 ところで裏に行ってみたいですね。既に裏LSなんていくつもあるだろうから、新規に立ち上げるのは難しいと思うし、しかし既存のLSは新規を受け付けてないなんてところも少なくないようで……どうすればいいのだろう。
 優遇ジョブ、不遇ジョブって何だ、という疑問が某所で投げかけられていました。なるほど……確かに厳密な定義はないですが、それもそのはずでいろいろな考え方があるからですよね。というわけで自分なりに様々な要素を考えてみました。独断と偏見に満ちています。
・レベル上げPTに……
特に誘われる:白黒赤ナ吟忍
特に誘われない:モ獣竜召

・75近辺で経験値やメリポが……
特に稼げる:モ黒赤吟忍
特に稼げない:シナ竜(他にもあるだろうな……)
 HNMなどでナイトの世話になっている人は少なくないだろうに「ナイトとのメリポはお断り」とかぬかしてる効率厨には(僕は会ったことはないけど)腹が立ちますね。だけど……実際ウルガランとルフェーゼ野なんてナイト盾(ユニクロナイト盾と言ってくれていいが)不可ですよ。

・75になってからやること(HNMなど)が……
ある:戦モ白黒赤ナ暗獣狩吟侍忍
ない:シ吟竜召(出番あるわ! ってジョブもありそうだ)

・プロマシアミッションで
ほとんど要求される:白黒赤狩忍
要求されたりされなかったりする:ナ
いると便利な時がある:戦シ暗獣吟侍召
ほとんど要求されない:モ竜
 ナイトが役に立つのは実質マメット(必須ではない)、応龍(石で引きずりおろすなら忍盾も可能でしょう)、ミスラとスノールぐらいではなかろうか。あとは蝉盾万歳状態だと思う。あと狩人は遠隔弱体前の話で、弱体後は知りません。それにしても「仕様変更」に名を借りた弱体なんて、期待を裏切らずやり方が汚いですねぇ。

・レベル上げPTでやることが制約されすぎ
赤:リフレとコンバ、弱体。
ナ:特に60以降、ふいだまのための半固定が課題に。ケアルできなくてMP余りすぎよ。
吟:おそらくもっとも、できることの多さの割りにやることが限られているジョブ。メリポPTでの釣りとナイトへのピンバラ以外に腕の見せ場があるか!?
召:愛しの召喚獣に殴らせたりしたいよねぇ? ケアルと履行だけなんてかわいそすぎ。
戦モシ暗狩侍竜:厳密に言えば「制約」ではないが彼らを除外することはできまい。

・レベル上げなどで明らかに他ジョブよりも損をしているところがある
白ナ忍:ピンチで真っ先に死ぬのは彼らであろう。特にレイズ1で1800ロストする気持ちは死なないジョブには分かるまい。
赤吟忍:忙しすぎ! 気の毒になってくる。
狩忍:金かかりすぎ!! 忍者に至っては装備まで高いし。
黒狩吟忍:黒は杖、狩は矢、吟は楽器、忍は忍具が鞄を圧迫していることでしょう。戦利品が持てないじゃん。

・最後に、ジョブとしての人気が……(対人要素があるゲームなんだから当然はずせませんよね)
おそらくある:白黒赤ナ狩吟忍
真ん中ぐらい:戦モ獣
おそらくない:シ暗侍竜召

 いろんなジョブに優遇な要素や不遇な要素がありますが、優遇ばかりなジョブや不遇ばかりなジョブもありますよね、何とは言わないけど。こんな不公平が当たり前でいいのでしょうか。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まあいつまでも変わらない、一人で遊ぶオフゲーの世界と比べると確実に現実に近いよねぇ。それが良くも悪くもあるわけだが。
微妙なナイト | URL | 2005/11/24/Thu 21:01 [EDIT]
竜は強化されるって今日知ったけど、一応赤の次に上げるつもりだから今のうちに旧仕様であげるべきかしら、いわゆる強化後に上げた方がいいのかしら。
我慢できなくって今上げてるヨ…。

なんと言うかネトゲの世界も現実の世界とそうそう変わらないよね
無二のフレ | URL | 2005/11/23/Wed 15:11 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。