ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


徳島への長い旅
 というわけで、1月2日に実施しました、東京から徳島までの、各駅停車及び快速を乗り継いでの旅の詳細です。
 寮からの出発は0705(午前七時五分、以下同様に表記)頃でした。まず0710頃、最寄りの地下鉄の駅から南北線に乗車。0720頃、飯田橋駅から総武線E231系に乗って出発。0725頃、御茶の水で中央線に乗り換え。昨年末に投入された新型E233系
E233系
に乗ることが出来ました。旧型車の201系
201系
は、今はまだまだ走っておりますが、3年もすれば姿を消すことでしょう。東京駅に到着し、駅弁を買って東海道線に乗車。
東京駅東海道線ホーム
東京駅から出る東海道線の電車は、ほとんどが左側のE231系、最近はめっきり数が減ったもののまだまだ頑張る右側の211系となっております。僕が乗ったのはもちろん右側の211系です。新しい電車にはあと十年は乗れますが、古い方はそうはいきませんからね。線路上の置き石などという心ないイタズラ(あれってカラスが犯人という説もありますが)にはばまれ数分遅れながらも0812に東京駅を出発。いよいよ、徳島への長く楽しいが疲れる旅が始まりました。が、まだ出発したばかり、そして席もガラガラのグリーン席ということで、とりあえずは悠々と弁当を食べるのでありました。
 0955に終点の熱海に到着。ルートも途中下車も自由な青春18きっぷの利点を最大限に生かすべく、降りてのんびりしました。
足湯
軽便鉄道
ええ、のんびりしすぎましt 電車の本数が実は思ったよりも少なく、熱海を出たのは1045。そして熱海が最初で最後の途中駅での遊びとなりました。温泉饅頭ゲット。
113系
熱海から静岡まで連れて行ってくれたのはこちらの、東海道線と言わず、各地の路線から姿を消しつつある113系電車。熱海から乗る人が結構多かったですがそれはお正月だからだったのでしょうか。こんなシーズンでなければガラガラであろうと思うのですが……^^;1202に終点の静岡到着、お茶っ葉をゲットして1216に前出の211系ただし今回は三両編成に乗って出発。1326に終点の浜松に到着、1330に今度は313系
313系
に乗って出発、1402に終点豊橋到着、1407豊橋発、確かこの電車の中で寂しい昼食を食べて、そして1610についに電車の終点にして、東海道線の終点である米原に着いたのでした。ここまでで既に、寮の出発から九時間、東京駅を発ってから八時間の旅となっておりました。東海道は長い! 特に静岡辺りが広い! ともあれさらば東海道線、また会う日が……あんまりあってほしくないかな!w
 1621に、これは神戸線というのでしょうか、新快速に乗って米原を出発。電車はこちら、223系というのでしょうか
223系?
関西の快速電車に広く使われております。このころから……予想はできていたのですが「日が暮れてきて景色が見えず面白くない」という深刻な問題に直面し始めます。そして琵琶湖東岸から姫路まで二時間半もかかれば、新幹線という夢の超特急がいかに速いかということを嫌と言うほど思い知らされはしないでしょうか。……ってか空いている高速道路を走る車でも勝てそうです。1855に姫路に到着し下車。1907にこんなカラーの113系?
113系?
にのって姫路から岡山に向けて出発です。この路線が正直いちばんしんどかった。しんどい理由はいくつもあり……
・遊び道具のDS・ケータイなんぞとっくにバッテリー切れ
・小説も一冊読破、続きなんか寝不足で眠くてもう読めん
・しかしノートパソコンを抱えての一人旅、うかうかと寝るわけにもいかない……
・夕食のお弁当を買ったが結構混んでいて席に座れず食べられない
・夜なので景色が見えない
・姫路から岡山はイメージよりも遠い!
ってなところでした……2029頃岡山到着。221系?快速マリンライナーに乗っていよいよ四国入りします。2045岡山出発、瀬戸大橋を通過しますが、残念ながらすっかり夜なので景色を楽しむどころではありませんでした。あ、夕食はこの電車で悠々いただき。2140頃に高松に着きましたが、車掌さんに起こされたので、到着した瞬間の記憶はございません^-^ ともあれついに四国に入ったのです。最終目的地の鳴門(なると)駅到着予想は二時間後、まあ間に合うだろうと楽観視していましたが……
 ディーゼルカー(電車ではない)に乗って徳島に向けて2145出発、途中の引田(ひけた)という駅が終点だったので2255そこに到着。……一時間でこれしか進めんのかorz すぐに乗り継げるのかと思いきや、なんと引田から徳島方面への列車は2338までないことが判明(しかもこれが各駅停車の最終、早すぎwww)。仕方がないのでそれに乗り、池谷という駅に0003到着。日付が変わって青春18きっぷの1月2日の分の効力が切れてしまったし、そもそも元々の構想ではここから鳴門行きの列車(所要時間18分程度)に乗り換える予定だったものの、その路線も2330頃で終わっているのでどうにもなりません。残念ながらここまでです。母に車で迎えに来てもらい、0020頃実家に到着しました。こうして……東京の住処である寮を出てから十七時間以上に及ぶ安くて長い旅が終わりを告げたのでした。それによる疲労はものすごく、午前三時から午後四時まで熟睡してしまったのは、前回の記事に書いたとおりです。本当に長かった、後半は景色も見えなくてつまらなかったし、孤独だった。実家の最寄り駅まではたどりつけなかったのも残念でした。でもきっと、いつかよい思い出になると思います。……写真は電車の写真ばかりで、ファンでない人にはつまらなかったでしょうね^^;w



※Verud二等傭兵が一等傭兵に昇進しました!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。