ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


各個撃破しろよ!
 手違いにより書いてる途中でブラウザが別のページを表示してしまい、内容が消えた\(^-^)/ めんどくさいからもう、プレイの内容は簡潔にしか書かない!!! 空やった! 青龍倒した!! 以上!!!

 で、ここから本の話。ファミ通文庫から出ているFFXIの小説って、FFXIの運営とか開発とかGMとかの糞っぷりなど忘れさせてくれそうな気がしなくもない出来だと思うのですが、今から読もうとしたら、揃えるのが大変でしょう。19冊も出ているし、第何巻って形で発行されていませんからねぇ。ってわけで列挙してあげちゃおう。

1.祈りの風
2.星の誓い
3.永久の絆
 BM1-1から4ぐらいまでの内容だった気がする。ちなみに一冊目の初版発行は2003年1月、結構な息の長さですね。ジラート発売前じゃあないですか。……ところで闇王ってどうなったんだ!!????
4.護りの剣 1
5.護りの剣 2
6.護りの剣 3
 主人公が変わって、カザムへ行く話。トンベリなどが出てきて、割とオリジナルな話だった気がする。ってか要するに、もはや覚えていない^^;;;;
7.遙かなる翼
 1~3の主人公によるミステリー的な内容。
8.騎士の誇り 1
9.騎士の誇り 2
10.騎士の誇り 3
 4~6の主人公たちが今度はアルテパに。BM6-1の内容も含んでいた気がする。やっぱりよく覚えていn
11.冒険者の休日
 これまでに出てきたヒロイン?たちが花嫁候補にされるとかそんな話だった気がする。単なる一話完結ドタバタ劇かと思いきや、しっかり12につながっている。
12.遠い願い 上
13.遠い願い 下
 プロマシアは糞だったが、小説ではもちろん関係ありません。創作の世界ってすばらしい! そしてこのころから登場人物が増えすぎて、作者の脳内が大変になってきた模様w 二組のPTが独自の方法でタブナジアに渡るストーリー。ラストシーンにちょっと感動。
14.新たな夢 上
15.新たな夢 下
16.旅の恵み
17.アトルガンの娘たち 1
18.アトルガンの娘たち 2
19.アトルガンの娘たち 3
 この六冊は未読です^-^ 早く読みたいな♪

 ええ……結構内容を覚えてないですね……足かけ六年読み続けて、現在96巻ぐらいまで読んだグイン・サーガも、おおまかなストーリーは覚えていても、細かいことまで覚えていないでしょうな。ただ、グインは論外として、たかだか十数冊のこのシリーズも、今から読み返す気にはなりませんなぁ。部屋に未読の本があふれかえっている今、既読の本を読み返している余裕なんかありませんぜ。ちなみに銀河英雄伝説たかだか十冊を読破するのに半年もかかったのもこれが理由です。銀英伝ばかり読んでいたら一ヶ月とかからなかったでしょうね! ってか「本」と呼べるものだけで大量にたまっているのに、漫画雑誌まで……orz 【助けて!!】 もっと暇な時期、中学や高校時代に、速読術でも確立させておけばどんなに楽だったか……僕は字を読むのは速いほうですが、本気で速読やっちゃった人にはかなうはずもありません。
 ……今部屋の中の未読の本をかき集めたところ、雑学系の本が20冊ぐらい、小説もグインサーガとFFXIで15冊ぐらいありましたorz 隔週の漫画雑誌も5冊ぐらい未読だし、クリアせずにたまってるゲームもかなり……ぶっちゃけこれ、FFXIのせいじゃないすかね!?wwww あれのせいで他のことに回せる時間が激減しているのは明らかなんじゃと思えてならないよorz

メルカッツ:敵は雑学本、小説、漫画雑誌、オフゲー、FFXIの五つとなっております。戦力はおよそこちらの二倍、いかがなさるおつもりか
ラインハルト:ここはこちらの戦力を分散させて五つの敵全てにあたり、全部撃破しちゃうのがウマウマだ
メルカッツ:……ははっ

などという脳内会談が開かれたのかは定かではないが、ともあれ「各個撃破しろよ!」というツッコミが届かなかったのは確かでしょう。まあ、僕は大学四年生ですから、卒論という大事もあるのですがそれはそれとして(ぇ)、こっちの五つの敵をどうするか。まぁ……日々少しずつでも時間を取って、まずは未読の漫画雑誌を撃破、膨大な時間を必要とするFFXIと、隔週で出る漫画雑誌をほどほどに抑えて、FFXIの小説、雑学、オフゲーを各個撃破とでもしていくべきでしょう。グインは……電車に乗ったときにでもちょくちょく読みませう。ところで今思い出したが、できればピアノやギターも弾きたいんですけど……
 こう考えるとどうも読書というのがなかなかやっかいな趣味に思えてなりませんね。でも、僕が今時の若者にしては活字好きなのが分かってもらえたでしょう。これは僕の父も、その父も大学教員、特に父は英文学の教授でまさに本を読むのが仕事とあっては、遺伝的には僕が本好きでも全くおかしくないことが分かるでしょう……そして家族にはなんの価値もない本ばかりため込んでいるのまでそっくりでs

d_04.gif 

※かろっと一等傭兵が上等傭兵に昇進しました!
※ヴィン中佐が大佐に昇進しました!
スポンサーサイト

TrackBack0 Comment3 page top





管理者にだけ表示を許可する


題名:うちの場合は……
from:ジェフ曹長<kuropony-feti@gutara.ne.wf>
to:かろっと上等傭兵<peropero-chu-chu@subligan.ne.se>
本文:
僕は未読の本をとある場所(だらしなさが暴露されるので秘密)においておきますね。
そしてそれが時に崩れ落ちたり……
一体その場所が自分のためにあるのか本や漫画のためにあるのか分からなくなりますね。
実家に帰るとのびのびできて、疲れがとれることこの上なし(^v^)

※上等傭兵に昇進しました!


題名:【えっ!?】
from:ジェフ曹長<kuropony-feti@gutara.ne.wf>
to:連隊長ヴィン大佐<bloodymage@vintager.ne.sk>
本文:
ぬわんで訳ワカメな本を、しかも自分で買うんだyp
とりあえず他は仮に読み直す気になっても、グイン・サーガだけは絶対ならないとおもわr
ってかそもそも71巻からしか手元にないし^-^;

※大佐に昇進しました!
ジェフ | URL | 2006/12/13/Wed 18:13 [EDIT]
うちの本棚は(当時中学生の自分が買った)訳ワカメなカミュ著の哲学の本からマンガのドラえもんまで並んでる。
本が多すぎると一度読み終わったらよっぽど好きな本でなければ二度と読み直す気にもならないよね('A`)
ヴィン | URL | 2006/12/12/Tue 17:20 [EDIT]
本屋で見つけた新刊を「これは買わねばッ」と思って買っても、
家に帰ると競売見て、フレと話して、チョコボの世話して、
デュナミスだリンバスだアサルトだENMだLvあげだ・・・。
一週間後、なんか最近バッグが重いなとごそごそしてみると、
電話帳くらいの厚さの小説が入ったままだったり。
NMの張り込みの待ち時間とか、ヒーリングの数分間の間に
コツコツ読み進めようかと思っております。
かろっと | URL | 2006/12/12/Tue 15:27 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。