ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


また緊急メンテきたこれwwww
 夕方は釣り。釣りって奥が深いのです。今はウィンで延々とフナとコイを釣っているだけだけども、例えば機船航路に出れば、D何万もする魚でスキル上げができるし、何よりそっちの方が面白いでしょう。それでも延々とフナを釣り続けるのです。太公望の釣り竿そのものは1600万、フナもDで15000もする現在、どっちも買って済ませるのは相当大変です。ちなみに残り8600尾のフナを全部買って済ませる場合1000万ぐらいかかってしまいます。てか一年前は太公望なんてたかだか300万ぐらいだった気がするのは記憶違いだろうか……
 夜は怨念洞でレベル上げ。しかし獲物はトカゲではありません。ちょ……超うめーーーーーーぇw 途中から上が68になってしまって少々失速したものの、三時間で17000稼ぎきり、白67歳になりました。それにしてもやっぱり疑問、なぜ自分は白を上げたくなったのか? ナイト同様仲間を守るという要素の強いジョブではありますが、だから白をやりたいと思ったことは最近まではなかったのですね。特にこのゲームを始めた頃は、後衛というもの自体に興味がなかったかな。
 ところで次はどうしよう。まず赤吟侍をレベル上げでサポレベルに、シもランペールとミラテテでサポレベルにするつもりなのだけどその後。このサポ上げで気に入ったジョブがなければ、次は「やりたくない超人気ジョブ」をするしかないのではないでしょうか……要するに黒か忍。本気で盾を愛する心があるのなら、忍者はやっぱり育てないといかんでしょう。麒麟を吹き飛ばしたり、白虎を固めたり、五人のAAを焼き殺したり、要はイベントでありがたがられたければ黒を育てるのが手っ取り早いでしょう。
 まあ人気ジョブでも不人気ジョブでも、やっていれば誘われない時以外は楽しいと思うのですが、どうも実益というものを考えるとねぇ……月に一度の麒麟の時の戦いっぷりなんぞ見ると、どうしても獣(ペットが人間よりかなり強い不具合)と狩(遠隔は今でもそれなりに通る?)と侍(もちろん黙想)以外の前衛アタッカーをやる気が失せてきます。つまり戦モシ暗竜は動機がないと。まぁ世の中麒麟が全てじゃないけど、こういうところで活躍できるかってのが、動機の一つにはなりますよねぇ。しかし黒や忍、ついでにサポレベルまでは育てる予定の赤は、超人気ジョブです、ちまたにいくらでもいます。人と同じが嫌な僕は、なんとしてでもギリギリのところまで精神的抵抗を試みたいと思うのであります。
 解散後はhh8_a.gifに手伝ってもらってカザムのクエを受けてウガレピに。白で行ったら絡まれたり、やっとたどり着いても話すべきNPCに話しておらず、結局カザムに戻ってナイトに着替えたりとの紆余曲折の後クリア。その後は、先ほどレベル上げに向かう途中で出たのにうっかり流してしまったウガレピのカギをカリンと取りました。
仲良くカギ取り
ってあっさりリンクしてやんの。みんなの怨みで200以上食らって冷や冷やしながらもゲット。短剣スキル、片手棍スキルも地味に上がったりして……
 そして緊急メンテのため落ちましたとさ。

<昨日の主な成果>
釣り:40.3>40.6 フナ:1357>1387 白魔道士:66>67

↓僕は文句の一つも言わずにスコハーを着てくれるフェローが大好きだー!(激謎)
d_04.gif 
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。