ぐうたら冒険者言行録
Final Fantasy XI のBismarck鯖で今日もまったり過ごす微妙なナイトの日々をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年も36.6分の1が終わりました
 季節外れですが、まずはこんなSSから。
今年のイベント装備
期間中に一回ぐらいは召喚しておいてよかったぜ( ̄- ̄)

 さて、新年ももう十日目ですが、新年明けましておめでとうございます。
今年もスコハー(とか)ではあはあできる一年であってほしいですな。

 えーっと……なんか書くことが全く思いつかないので、帰省の話でも。
昨年末は、「寝台特急サンライズ瀬戸」などという、夜行バスや新幹線よりも高く、夜行バスよりも不便な乗り物に乗って帰りました。
まあ寝ているうちに高松に着くってのはいいのですが、問題はそこから徳島に行くのが大変ということ……
サンライズ瀬戸
 ちなみに徳島では大したことはしてないぜっwww
いつもの帰省のごとく、高校のクラス会に行ったこと以外は食べて寝て食べてゲームして寝て食べてピアノ弾いて寝て食べてゲームしt(ry

 帰りは高速バスと電車で大阪まで出てから、大阪城と日本橋に行ってきました。
日本橋のほうは迷いまくったあげくに午後八時過ぎに到着したので大変残念な結果になりましたが……
大阪城
道頓堀
 ところで迷いまくる前に、駅の献血ルームで何を血迷ったのか、血を吸われてしまいました。
要するに献血したのですが。
まあ、血が減れば疲れやすくなったりして、眠りやすくなるかなと思ったのです!
結果としては疲れただけでしたが……

 さて、帰りも夜行だったのですが、今回は東京-大阪間の寝台急行で、三月に廃止が決まっている「銀河」に乗りました。
銀河
ブルートレインあるいは寝台列車ってどんどんなくなっていきますね……
乗車率4,5割程度というのは、そんなに運転する側にとっては動かすに値しない数値なのだろうか……
まあ、乗車率の低迷に加えて、機関車や客車が老朽化しているというのも廃止の大きな理由なんでしょうね。
サンライズ瀬戸と出雲は、電車の寿命があと十五年前後はもつでしょうから、その観点からは大丈夫だと思いたいところですが。


 さて、帰省中、及び帰省後に、この動画の影響や、らき☆すたのアニメを理解するためには必須のアニメでもあることもあって、今さら涼宮ハルヒの憂鬱を見ちゃいました。

http://jp.youtube.com/watch?v=B9eEGOcxmoY
ちなみにこの動画は、おそらく同作で一番の人気キャラである長門有希のキャラクターソングを、ネット動画いち有名なドイツ人であろうキーボードクラッシャーに歌わせてみたというものです。
一応オリジナルの長門キャラソンものせておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=R8kdeBQ-5T4
(ニコニコとYouTubeで映像が違います。
それにしてもニコニコに比べてようつべの軽いことと言ったら……)
クラッシャーに慣れてしまうと、大変物足りないといわざるを得ないw

 ともかく、今まで「『長門は俺の嫁』ってコメよく見るけど、どこがいいんだ?」と、なんとなく思っていたけれども、どこがいいのかよーく分かりましたw
何というか、一言で言えばかわいすぎるでしょうwwww
もう決めた、こなたと長門は俺の妹、ついでにキョン(←実は主人公)は俺の弟!

ちなみに基本的に感情の乏しい無口キャラ(一昔前のアニメで言えばエヴァンゲリオンの綾波レイみたいなやつ)ですが、こんな暗黒化動画もあります。
グロとか、嫉妬に狂う長門などが嫌な人はスルーよろしく。

http://jp.youtube.com/watch?v=zkwpibE1MlQ
グロいのにますます好きになってしまうのはなぜなんだぜwww
あとキョンってなんでそんなにモテるんd
でも上の発言からも分かるとおり、僕が長門に負けず劣らず好きなのはキョンだったりするw

それから作品中で使われている挿入歌のGod knows... ですが……

http://jp.youtube.com/watch?v=xiEDIrFj3Cs
(ニコニコはアニメの短縮版、YouTubeはフル)
これ演奏できたら(オタクの内では)かっこいいですよね!
残念だがエレキギターは持っていないので、長門の神演奏に並ぶことはできないが、ベースならあるからそっちを弾けるようになるっきゃねえな……

 ところで何の脈絡もなくエレキベースの話が出てきましたが、実は昨年十一月ごろに依頼があって、中古のベースギターを購入し、クリスマスイブに某所で弾きました。
せっかく買ったんだからある程度のことはできるようにならないとね!

というわけで冒頭以外何もFFの話をせずに今年最初の記事は終了。
スポンサーサイト


カンパニエ+チーターマン
 この間カンパニエのBGMのイントロが、伝説のクソゲー「チーターマン2」のイントロに似ているなぁ……?
となんとなく思ったのでしたが、同じ事を考えている人がいましたwwwww

もうだめだwww
カンパニエの最中に幻聴とか幻覚とか起こりそうwwww
それにしてもこの動画を作った人は、なかなかの音楽的センスを持っているんでしょうね。
パクりとか言っているのは放置でおk。
(↑ネタで言っているのが大半だと思うが、本気で思いこんでいる奴もいる気がする)
「曲調が変わるタイミングとか全く同じじゃん」なんて、ある程度音楽に触れている人間から見たら噴飯物のコメですよねwwww


 先日、埼玉県の鷲宮神社を、らき☆すたの原作者や出演声優が公式参拝するイベントがあったのですが、それに僕も参加してきました。

 12月2日の朝一番の南北線……に乗りたかったが、ネットしていたら乗り遅れたので
二本目の南北線>王子から京浜東北線>大宮から宇都宮線>久喜から東武野田線
で鷲宮駅に到着。
そして鷲宮神社に7:20頃到着。
す、既にこんなに人がいるっ!!!!!
朝

早くもげんなりしてしまったが、とりあえず並ぶしかありません。
おお眠いし何より寒い。
カイロを持ってくるんだった;;;;

 10:30頃、ようやく神社前の茶店「大酉茶屋 わしのみや」の入店整理券が配布されました。
200枚配布された整理券の195番をゲット。
…………あぶねっwwwwww
そして行列を作っていた600人ほどがずらずらと物販コーナーの行列に移動。
僕らの後ろに並んでいた約400人は、最大3時間の並び損じゃないか……かわいそすぎるwww

 11:00から始まった物販コーナーの目玉はもちろん絵馬ストラップです。
てかよっぽど人が来ないと思っていたのか「柊ソーセージ」とか一瞬で売り切れてたしwwwww
まあ、主催した鷲宮商工会のほうでは控えめに500人の人出を見込んでいたがあるメディアによると3,500人も押し掛けたそうだから……w
ちなみに一番人気のかがみのストラップは二種類とも開始三十分で完売^-^
一時間ほどでこなたとつかさも片方完売。
一時間半ほど待ってようやく、こなたとゆーちゃんのストラップにありついたのでした。
一個600円とは、ファン向けのグッズにしては良心的な値段ですよね。
たとえ1500円ぐらいでも同じ勢いで売れるだろうにw

僕がストラップにありつく少し前に茶店にあきら様(と白石)登場。
なんか店の前でいろいろやっていたみたいですが、どうもマイクが白石にしか渡されていないらしく、他の人が何を言っているのか全く聞こえなかったし、また僕はゆーちゃんよりも身長が30cmしか高くないので全く前が見えませんでしたよ!
しかも高いところ(カラーコーンの上とか)にのぼったら警察に注意されたし!
子供の頃はできたのに、道路標識をよじ登ることもできなかったし!
(それもやったら怒られたと思うg)

 しばらくした後にかがみとつかさも現れましたが、なんかよくわからん内に四人とも店内へ。
そして声優さんたちによる接客タイムが始まりました。
くそう、この時間帯に入れた人(整理券番号70ぐらいだったかな?)勝ち組すぐる;;;;;;

 こんなgdgdタイムが続いた後、いよいよ声優さんたち(原作者もいたそうだが、どこにいたのやら……w)による公式参拝の時間です。
……が、またgdgdタイムがありかなり待たされたあげく待っていたのは下の写真の光景www
夕

誰が何をしているのか、何をしゃべっているのかも全く分かりませんwww
まあ……予想以上に多くの人が来たってのもあるのでしょうが、しっかりしてください鷲宮商工会さんorz
全員にマイクを持たせるとか、彼女らの姿が後ろの方にいる人にもよく見えるようにステージを作るとか、それくらいしてほしかったなぁ……

参拝後、茶店に戻っていったゲスト達でしたが、不意に茶店の二階の窓に白石さん(白石)&加藤さん(かがみ)登場!
こういうのを待っていたというか、ここで初めて彼らの姿が見られた人も少なくなかっただろうwwwww
まあなんだかんだ盛り上がって、イベントは終了となったのでした。
終了後、ようやく入れた茶店で「柊姉妹の双子海老天そば」を賞味し、その後帰路に就いたのでした。

疲れました……本当にどっと疲れましたw

d_04.gif 

※ユカプさんが二等傭兵になりました!(11日)


今年もこの日がやってきた
中学生「えっと今日の日付は……年は2007年ですよね?」
僕「うん。まあもうすぐ2007年じゃなくなるけど。
……どうだ、中学生にもなると、一年が経つのが早いだろう?w」
中学生「はい^^;;;;;」
僕「大人になるともっと早くなるよ^-^」

というわけで今年もあの日がやってきやがりました。
Happy Birthday to me!! Yeah!!!
バイト先の人には「(23歳なら)まだ嬉しいんじゃない?」と
言われましたが、そろそろ自発的には喜べない日になりましたねw
祝ってもらえばうれしい、ぐらいな感じ。

それにしても、22歳として過ごしていた間は
なんだかんだ結構長く感じられたし、
自分このまんまずっと22歳と名乗っていられるんじゃないか?
と思ったりしたのですが
(21歳の時も20の時も19の時も18の時も
そう思っていたわけですがwww)
なんでこうも振り返ってみるとあっという間なんでしょうね……w

23歳といえば、僕が中学時代まだまだヒットしていた
華原朋美や相川七瀬が当時それくらいの歳でしたね。
当時はそれくらいの人がずいぶん大人に見えた物だが……
(これは、それくらいの歳の知人がいなかったせいもある)
うん、自分がなってみると全然そんな感じがしないですねw
今まさに中学生の、僕の末弟なんか
「あれで23かよ、ぷぷっw」とでも、
鼻で笑っているんじゃないかな……w

まあそんなこんなで、この一年もぶっ倒れない程度に
ほどよくがんばってみることとしましょう。


珍しくまとも
 トリスタンが珍しくまともなことを言っておりますね。
ええ、ジョブ欲しいですよ、そのために就活しているんですからwww

 さて、火曜日は塾のバイトに行ってきたのですが、特になんともなかったです。
しかし水曜日には昼の研究室のミーティングあたりから鼻などに異変を感知。
翌日の木曜日の朝には、体温が既に36.8度に上がっておりました。
しかし風邪薬を飲んで、学校でのワークショップと、メーカーでのグループワークセミナーへの参加を強行。
僕にしては根性がありましたが、夜帰ってきたら熱は38.1度に……
これは無理です、寮のいつもの木曜集会はもちろん、僕がいないと進行に支障が出る合唱の練習にも参加できそうにありませんorz
なのですが風邪薬を飲んだら37.0度に下がったし、寝ているのは暇だったので空に参加wwww
今回からでんこ伍長が大ふっかーーーーーつ!
よくぞきた!!

 それにしても、今月から就活を始めて、わずか半月で熱出して倒れるとは、僕の弱さは筋金入りですなwww
夜少し寝て目覚めた後は38.5度に上がっていましたが、再び眠って翌日の昼頃目覚めた時には意外にも体温は36.3度まで下がっていました。
僕とは思えない回復力!
少なくとも去年の五月、一昨年の八月に熱出した時は数日間苦しんだのだが……
それにしても僕は学校嫌いな子供だったので、子供の頃は熱を出すと、堂々と学校を休めてラッキーとも思った物でしたが、大人になってから熱出しても何も嬉しくないですねwww
就職してからは、会社休めてラッキーとか思うのだろうか?
いやそれよりは、休んでいる間仕事が停滞することの方が気がかりだろうなぁ……

 ともあれ一回熱出しただけで大げさかも知れませんが、やっぱり僕には体力も精神力もないことが、改めてはっきりしました。
まだ就職すら決まっていないのに気が早いですが、僕の相手は結婚しても働いてくれる人でないときっとつとまらないと思います。
が、こんな僕とウマが合って、しかも働いてくれる女性、そんな都合のよい人物が、いったいこの世に何%いるというのでしょうか……w

d_04.gif 


話題変更
 あまりにどこのブログでも紹介されているので、さすがにうちでも支援しないわけにはいかんなwww

FFXIはじまったなwwwww


 先日ジェフがコメンテーターランキングで少尉に昇進しましたが、ヴァナの方でも少尉になりました。
【おめでとう!】 to me!


 さて、アマゾンの広告が城やら毛利元就やらでは悔しいので、彼らの気を少しそらせてみます。
少し前にはまった「らき☆すた」の話をしちゃいます。
(FFの話でそらす気はないのかとつっこまないように!)

 久々に漫画やアニメというものにはまっちまいました。
どれくらいはまったのかというと、うちの寮で、寮生募集ポスターを新しくしようという話題が出たときに、こんなネタポスターを作ってしまうくらいです。
(ネタなので、実際には使用されておりません、あしからず)
べ、別に入ってほしくなんか!
 べ、別に入ってほしくなんかないんだから!
……実に安易なツンデレです。

 さて、そのポスターのツンデレな女の子が出てくる漫画が「らき☆すた」といいます。
Lucky Star、略してらきすたです。
と言ってもドラゴンクエスト略してドラクエみたいな意味ではなくて、らき☆すたが正式名称です。

 らき☆すたとの出会いは、 おそらくファンの数割がそうであるようにニコニコ動画だったなぁ。
日々あれを見ていたら人気があるのはすぐに分かりますが、 興味を持つに至ったのはこの動画でしたね。
なんというクオリティ!



 その時は、この動画を見つけたことからもお察しの通り、ドラクエの動画を探していたのですが、たまたまその動画の中にこのらき☆すたのキャラが登場する動画があって、ちょっと興味を持ったのが最初のきっかけでした。

 本格的な出会いは夏休みに徳島に帰っていた時でしたね。
高校の同窓会があったのですが、最終列車――徳島に電車はありません――が十一時台だったりするので、帰れるはずがありません。
ってわけで、徳島の漫画喫茶で一夜を明かしました。
で、そこの本棚でふと目に入ってしまったのがこのらき☆すたの漫画でした。
既にニコニコ動画などで、人気があるのは分かっているが果たして面白いのか!?
興味がわいた僕は、1巻を手にとって1/3ぐらいだけ読んでみました。
全部読まなかったのは単純に眠かったからです。
読んでみた感想としては、面白いというよりも、主人公のこなたに共感が持ててたまりませんでした。
ちなみにポスターの子は主人公ではなく、彼女をもしのぐ人気を誇るツンデレキャラのかがみです。
どんな主人公なのかというと、発育が悪くて身長が142cmしかなく、ネットゲーム中毒で朝までやっていたりもして、そして漫画やアニメやゲーム、主にギャルゲーやエロゲーをこよなく愛する、どうしようもないオタクの女子高生というものすごい設定です。
なんというか、僕のような人間の共感を得るために生まれてきたようなキャラクターだとは思いませんか!?
まあ僕はFFを朝までやることなど滅多にありませんけど。
とまあこんなわけでとにかくはまってしまいました。

 東京に戻ってからはニコニコ動画とテレビでアニメも見始めました。
テレビでアニメを真面目に見たのはデジモンアドベンチャー02以来七年ぶり、動画サイトで見たのも銀河英雄伝説以来一年ぶりでしたね。
放送時刻は深夜の一時半だったのですが、それでも寮の食堂のテレビで見るのは恥ずかしいってか結構人来ましたけどね!
ただ残念ながら、アニメの放送は僕が見始めた回も含めて三回で終わってしまいました。
さ、寂しくなんかないんだから!
というわけでいずれ、らき☆すたの主たる舞台である埼玉に(今更ながら)行きたいです。



 さてさて、広告などというものを設置してしまったからには避けて通れない問題が出てきます。
それが……まあこのブログのアクセス数ですよね。
そもそもブログを読んでもらえなければ広告も効果がありませんから。
このブログははっきり言って過疎ブログです。
全盛期ですらトータルアクセスは月間3400程度だったし、先月は1000をようやく超えた程度でした。
一日平均30程度、記事を書いた日ですら100を超えるのが難しくなりました。
今月は少し調子が上がっていますけどね。
ちなみに以前運営していたサイトも、アクセス数はこのブログの全盛期程度でしたね。
どうも僕の集客力というのはこの程度が限界らしい(--;

 いったいどうすればブログって読んでもらえるのでしょうか。
面白い記事を書けば……なんてのが最もありふれた答えでしょうが、しかしブログを読んでいる皆さんなら、面白いのに伸びないブログや、逆に面白くもないのに伸びているブログをたびたび見かけるでしょう。
要するに、評価されることよりもまずは注目されることが大事なのです。
評価をよくするのは注目されてから考えればよいことです。

ではブログの内容はそのままでアクセスをとにかく伸ばすにはどうすればよいでしょう?
第一には「更新する」ことですね。
更新することで、このブログだったらFC2のページに更新が通知されるし(もっとも、あれを見ている人ってどれくらいいるんだろうか? 少なくとも僕は見てないぞ)、BlogPeopleでも上の方に来るので、クリックしてもらいやすくなります。
ちなみに僕は、このブログの左下に設置してあるBlogPeopleを使って、リンク先のブログに飛んでいます。
更新されたことがすぐ分かって便利ですよね。

第二に「相互リンクを増やす」ことです。
とはいえこの手法には限界があります。
相互リンクをお願いする手順うんぬんもさることながら、その効果が微妙なのです。
今うちのブログに多くの人を運んでくれているブログが二件あります。
どちらも当然多くの読者を抱えています。
そんなブログでさえも、具体的な数値をあげれば、月100人うちに運んでくれれば多いぐらいです。
少ない月だと30人ぐらいだったり……
一日平均で1~3人程度です。
当然、平均的な大きさのブログからのリンクはもっと少ないです。
それじゃああまりに効果が薄いじゃないかと考えるのが妥当でしょう。
まあ、一気に100件ぐらいのブログと相互リンクすれば状況は全く違うでしょうが、そんなことをやれるほどの活力は僕にはないです。

第三に「リピーターの確保」です。
最も手っ取り早い手段は「ビス鯖の知り合いに宣伝」ですよね。
あとは他のブログの管理人さんにリピーターになってもらうのももちろん有効です。
というかコメンテーターランキングを見れば明らかだが、ブログをやっていないリピーターなんてほとんどいないのが現状ですね……

あとこれはアクセス数と直接関係ありませんが、コメント数はのばせないものかしら……w
これこそ注目度よりも、記事のおもしろさなどの評価の方が重要な要素になってきますが……
頑張って記事を書いても、コメント数がゼロゼロゼロゼロじゃさずがにやる気が出ませんよねw

……さて、こんな過疎ブログの広告をクリックしてくれる人は、月に何人いるのだろうか(←やっぱり気になる)。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだから!
d_04.gif 



とてもマニアックでもちろんFFとは関係ない話
 20日にふと思い立って、出かけてきました。
この日を逃したら次いつ遊びに行けるのか分からないのです。
ってわけで東京駅へ向かいました。
東海道線や横須賀線で南関東への旅に出るのです(と言ってももちろん日帰り)。

 まずは一時間半ほど東海道線に揺られて小田原に着きました。
あ、長時間座れないのは嫌だし、何より朝食も食べたかったので グリーン車に乗りました。学生のくせにー^-^
車掌さんが最初「次は終点東京」などとアナウンスして驚きましたがね。
新米の車掌か? それとも僕と同じで眠かったのか?www
ちなみにこの電車の終点は小田原でしたが、東海道線はまだまだ熱海、静岡、浜松、名古屋、大垣、米原と続いて最終的には京都・大阪まで伸びていますよ(鉄道初心者向け説明)。
今では東海道線を東京から大阪まで利用する人なんて僕と同レベル以上の鉄道好きしかいないでしょうが、明治時代に開通した当時は、二週間移動かかっていた東京から大阪までの移動が一日で可能となった 偉大な交通機関だったのですよ(説明するまでもないとは思いますが、 当時の庶民は自動車など持てないし 旅客機なんかありません)。

ああ、後で気づいたのですが目的地が小田原なら新宿から小田急線か、池袋から湘南新宿ラインの方がよかったかもしれませんwww

小田原城

 さて、小田原での目的地はもちろん小田原城!
もうね、僕は日本であろうとイギリスであろうと、っていうかその二国でしか城に行ったことはないというかそもそも海外に行ったことが米英に一回ずつしかないのですが(そういえばアメリカという国に、城という名が付いている歴史的建造物はあるのだろうか)、城と名が付く場所にいるだけでわくわくしてたまらない性分なのですよ!
今建物として残っているのは実質門と写真の天守閣だけでそれ以外の場所は公園になっているのですが当時はさぞかし名城だったのでしょうねぇ。
ところで天守閣は武器や鎧などの展示場になっているのですが、そこで得た知識が一つ。

・ネットでよく見る「香具師」って言葉は「やし」と読むのかwww

ああ、もちろん僕はそんな言葉使いませんよ。
さて、小田原と言えば箱根と言えなくもないし、実際小田原城の天守閣のてっぺんから箱根山がよく見えたのですが箱根登山鉄道はどうも乗っていたら時間が危ないのでパス。
いずれ乗ってみたいですな。


 さて、次は東海道線に乗って大船(おおふな)まで引き返し、横須賀線で横須賀に向かいます。
しかし「横須賀」線なのに途中の逗子(ずし)駅が終点で横須賀まで行かない電車のなんと多いことか。
理由はどうも二つあって、後者の理由が大きいと思われます。

1.逗子駅以南の横須賀・久里浜までは、駅数は少ないが距離が長い
2.逗子駅より南に行くには15両編成の電車を切り離して11両にしなければならずJRにしてみれば手間

さて横須賀駅に降り立ったものの目的の場所までは歩くと遠いし、バスはどれに乗ればいいのか分からない!!!
(↑ 鉄道でなら徳島まででも行けるくせにバスには弱い)
しかたなくタクシーを利用、学生のくせにー^-^
というわけで十分弱、初乗り運賃のまま(意外と近かった)で 三笠公園に到着です。
え、三笠って何かって?
「三笠(みかさ)」というのはですね、102年前の1905年5月、日露戦争の終盤で行われた日本海海戦を大勝利に導いた日本海軍連合艦隊旗艦の戦艦です。
旗艦(きかん)というのは……明確な定義は辞書によると
(大体の意味は分かるけど、 人には説明できない言葉ってありますよね!)
「艦隊の司令長官・司令官の乗っている軍艦。マストに司令官の官階相当の旗を掲げる。」
だそうです。
軍隊のリーダーってなんだか後方でくすぶっていそうなイメージがありますが、東郷平八郎が座乗した三笠は違ったのです。
三笠は常に艦隊の先頭でロシアのバルチック艦隊と戦い38発ぐらいの砲弾を浴びています。
ただ、不発弾が多かったので、乗組員の戦死は8人で済んだようですが。

戦艦三笠

 その活躍ぶりも偉大なのですが、もう一つ偉大なのは中央の写真のように保存されていることです。
日本人に一番人気がある軍艦はもちろん戦艦大和でしょうが、今の人間が大和に乗れるかと言えば乗れませんよね、沖縄近海の底なのですから。
三笠は保存されている鋼鉄製の軍艦では世界最古クラス、そしてイギリスのヴィクトリー、アメリカのコンスティチューションと並ぶ世界三大記念艦の一つなのです。
とはいえこの船の価値はなかなか現在の一般日本人には分かってもらえません。
その話はまた後で。


なお三笠は日本海海戦の半年後に、弾薬庫の爆発事故を起こして一度沈没しています。
このとき339人の乗組員が殉職し(爆沈なので逃げる暇もなかったのでしょう)、これは日露戦争中に三笠艦上で「戦死」した人間(記憶が正しければ42人)の実に八倍にもなります。何という悲劇。
ただ船の方は、引き上げられて現役に復帰したし、現在はこうして横須賀の港に保存されております。
あ、三笠から横須賀駅の帰りは歩きました。
40分ぐらいかかったかなあ?


 それから横須賀線に乗って鎌倉に移動。
鎌倉はやっぱり鶴岡(つるがおか)八幡宮ですよね。
まあ、もちろん僕はお参りみたいなことはしませんでしたがやっぱり日本人、特に関東人なら一度行っておかないとね。

墓

 さて、本命の伝大江広元の墓(写真はそこにある石碑)に移動です。
手前に源頼朝の墓もあったのですが、頼朝好きくないし53段の石段(頼朝の没年齢と同じ、ちなみに死亡年月日は正治元年1月13日、太陽暦で1199年2月9日と多くの文献に書かれているが死因がはっきりしない。落馬、暗殺、溺死など、いずれにしても不名誉な死だったのではと推測される)なんて、歩き疲れていて上れませんよwww
まあ、伝大江(ry の方が石段多かったけd
大江広元とは源頼朝、源将軍家断絶後も北条氏と結んで幕政の基礎を固めた官人です。
戦国時代に、小領主の身から一代で大大名になり仰せた毛利元就の先祖とも言われています。
普通この時代の大名の「由緒ある家系」って話は怪しいのばかりなのですが、毛利家と武田家(清和源氏の源義光の子孫)は系図がしっかりしていて信頼できるとされています。

 さて、その彼の墓「とされる(ここが歴史の難しいところ)」ものには左右にも墓があって、左が広元の四男、毛利季光の墓、右が島津忠久という者の墓とされています。
両者は鎌倉幕府第五代執権北条時頼を中心とした北条氏と御家人の三浦氏とが戦った宝治合戦で三浦氏に味方し、三浦一族と共に自刃しています。
名前からぴんときた人もいると思いますが、毛利季光は毛利元就の先祖、島津忠久は、鎌倉時代から九州南部に勢力を築いた島津家の先祖とされています。
毛利家は元就が一代で中国地方に大勢力を築いたものの孫の輝元の代に、関ヶ原の戦い(を含む争い)にやぶれ領地は周防と長門(今の山口県)のみに減法されてしまいます。
また戦国時代には九州の大半を勢力下においた島津家も関ヶ原で西軍に(やむを得ず)味方してしまい領地こそ無事だったもののやはり屈辱ではあったでしょう。


 さて、徳川家康は両家を取りつぶすべきだったかもしれません。
なぜなら関ヶ原の戦いから約260年後に江戸幕府を倒したのは彼らの子孫の家来達(島津家は薩摩藩主、毛利家は長州藩主)だったのですからね。
幕府を倒す力を生んだ両家も、戦国時代末期、および鎌倉時代初期には負け組だったわけです(というか長州の方は、幕末にもボコボコにされてますよね)。
そう考えると歴史ってなんとも面白いとは思いませんか。
ともあれ毛利家と島津家の先祖が眠っているのかもしれない場所をあとにしたのでした。
あ、さすがに鎌倉駅への帰りはバスにしました。
もう歩けませんよぉ~。


それからまた横須賀線に乗ったのですが
「この時間(夕方)の上り線が混んだりしないだろう」
という甘すぎる予測は見事にはずれました。
行楽シーズンでしかも土曜日の夕方の上り線が混まないはずがないじゃないか!
大船からは一応東海道線に乗り換えてみましたがやっぱり混んでいたので急いでグリーン席の券を購入。
こなちゃん、じゃなかった、学生のくせにー^-^
しかし東海道線は難なく座れましたが、横浜から乗り換えた湘南新宿ラインはグリーン車ですら立っている人がいました。
あ、座れなくても切符はいるので、グリーン券を買う際には注意。


 睡眠不足、歩き疲れということでさすがに湘南新宿ラインではうたた寝しましたが思ったよりも早く目的地に着いたので下車。
とある場所に急ぎます。
この日は僕が以前所属していたクラシックギターサークルの定期演奏会だったのですよ!


 そのあとうちらの学年が中心にOB・OGが10人あまり集まって一杯(と言わず何杯も)飲みに行きました。
飲まないのに飲み会はそんなに嫌いではないという珍しい人種が約一名。

 ここで横須賀で買ってきた三笠文鎮を見せびらかしたりしたのですが(やっぱり突っ込まれたけど、日帰りで小田原・横須賀・鎌倉って我ながらハードですよね)前述の通り、三笠にどのような価値があるかなんて普通の若者には分かりませんよね。
ってか三笠が何かも分かりませんよね。

僕「三笠っていうのは、日露戦争の終盤で行われた日本海での海戦を大勝利に導いた偉大な戦艦なんだよ!」
『ふ、ふーん(明らかに「どこが偉大なのか」が伝わっていない)』
僕「(文鎮を指して)この三笠も当時の戦艦としては世界最大級だったらしいけど、大和はこの2,3倍あったらしいね、そりゃーでかいわと思った!(興奮気味に)」
『ヤマトって宇宙戦艦?』
僕「いや、海の戦艦の方だけど……」
『うん、絶対そっちだろうけど、あえて言ってみたw』

うむ、一般の若者の軍艦に対する知識なんてこんなもんですよね(T_T)
ってか、うちの祖父は今82歳なので、もちろん太平洋戦争のことは知っているのですが彼ほどの歳ですら「海軍兵学校の生徒だった」ってだけで戦場には行っていないわけでさ、まして祖母(74歳)なんて「東京は空襲されるので疎開してた」程度の年齢だったのですから(自分が小学生時代に社会のことをどれくらい理解していたか考えてみましょう)そりゃー日本人の戦争の記憶も風化するぜ、と思います(--;


 ああ、今日祖父に、横須賀に停泊していた海上自衛隊の護衛艦達の写真を見せたら
「やっぱり軍艦は煙突があるの(昔の物の方)がかっこいいな」
と言われました。まあ分かるような気もします。
ちなみに海上自衛隊の艦艇のことは僕は全く分かりません!


 こうして、楽しむために旅してきたとはいえハードな一日が終わったのでした。
めっちゃくちゃ疲れましたよwww
ああ、ちなみにもちろん南関東周遊は一人で行きましたよw
こんなノープランで無計画でむちゃくちゃで疲れて一般人が見ても楽しくない物ばかり見る旅についてこられる人なんかいるわけないじゃないですかwww
ああそうだ、できれば熱海にも行きたかった……
小田原で箱根登山鉄道に、鎌倉で江ノ電にも乗りたかった……
ってか、こんなマニアックな話に最後までついてきた人はいるのだろうか……


屈折した奴の思考
 四年前にスクウェアエニックスから発売された「ドラッグオンドラグーン」というゲームがあります。
グロ注意。
まあ文句つけてくる奴に限って、注意書きが読めないお子様なのはネットの常識ですがね。
日本国民の識字率って100%じゃなかったんですね。

いわゆるプレイ動画みたいなのに気に入った物がなかったのでオープニングのみ。
ああ、ニコニコには僕が見せたかったのがあった(全部見なくていいですよ)。

いつ見ても血が出ること以外、真・三国無双みたいですよn
さて、こんなグロい動画見せて何が言いたいかというと、
このゲームを見たりやったりしていると「人を殺すのって簡単なんだなーぐへへへへh」って思ったりしませんか?
僕は大学一年だった当時(今と人間的にあまり変わってないだr)思いましたけどねぇ。
ゲームではこんな簡単に人が殺せるのに、リアルでは今日もあいつとあいつとあいつはのうのうと生きてやがる。
ゲームみたいに奴らも(ピーーーーーーー)できたらいいのに!
みたいな危ないことを考えたけどなぁ。

 そんな危ない考えを披露して何が言いたいのかというと、
ヒトラーやムッソリーニやスターリンのような独裁者達って、
何がしたくて独裁者になったのだろうか、ということをふと思ったってことなのです。
歴史に登場した独裁者なんて数知れないし、というか21世紀にもなった現在でさえ何人もいますが、
その中に一人ぐらいは、自分の気に入らない人間を思うがままに抹殺したい、程度の理由で独裁者を目指した人がいるんじゃないかと思えてなりません。
少なくともユダヤ人や、精神病患者、遺伝病患者などを抹殺しようとしたヒトラーにはそのような動機がゼロだったとは思えないのです。
あるいはこれは気に入らない人間を抹殺、とは少し違うし、そもそも独裁者ではありませんが、
第二次大戦中に急死したルーズベルトの後に米大統領になったトルーマンが、日本への原爆投下に踏み切った理由の一つとして
子供の頃から病弱で、弱虫とバカにされていたから、見返してやろうと思った、というのが考えられるらしいです。
そんなバカな、と思うかもしれませんが、アメリカ軍の捕虜もいたかもしれない(実際にいた)、
あるいは彼らがナチスから守ろうとしたユダヤ人がいたかもしれない日本の都市を、有無を言わさず吹っ飛ばすような爆弾の投下に、
完全に合理的で筋の通った理由がなければならないと考える方がおかしいでしょう。
まあ真実かどうかは本人に聞かなければ分かりませんけどね。
人の心ってどこでゆがめられて、そしてそれが故にどんなに恐ろしいことに走るか、全く想像もつかないとは思いませんかね。


 さて、今ニコニコ動画ではどんな動画が人気なのかがすぐ分かる動画が存在しました。

毎度のことですが、冒頭に注意書きまであるのに、読めないか意味の分からない、人の言葉を話す豚がわいてるので注意^-^
ああ、本物の豚の方が、食える分役に立つかなwww
てか自分も一応動画作ったりブログ書いたりして、編集という作業になれてるから思うんだが、
これいったいどんだけ編集に時間かかってるんだぁ?!
CDTVをキャプチャーするのに大した手間はかからんだろうが、
ランキングの集計に相当な時間がかかっているはず。
更に、1~30位(週によって多少増える)の動画は見所を出しているから、
この動画の作者は少なくともその30本については作者は視聴していることになりますよね。
ご苦労様としか言いようがない……


 ちなみにランキング一位だったのはこちら。
何このぶっ飛んだクオリティwwwww
創聖のアクエリオンを上回るエロさと超展開(注:アクエリオンはエロアニメではありません)!
くだらないもの見たさに見て損はしないと思いますwww

 それにしても面白い動画がいっぱいあるんじゃのう……
ニコニコ動画を楽しみ尽くすには、どんなに時間が必要かということがよーくわかっちまいました。




Copyright © ぐうたら冒険者言行録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。